不動産登記

不動産登記とは
不動産登記は、わたしたちの大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。
     (法務省ホームページより引用)

        
住宅ローンを組んで不動産を購入した場合には、金融機関やその保証会社などが万一貸付金がきちんと返済されなかった場合に備えて、不動産を担保にとります。これを登記に反映させて、権利を確保するために、抵当権を設定します。住宅ローンの返済が終われば、この抵当権を抹消するという手続きをします。        
                               


このようなときは、ご相談ください。
  • 土地や建物を買ったとき、もらったとき、相続したとき。
  • 土地が祖父の名義のままになっている。
  • 家の名義を子供にしたい・妻と半分にしておきたいとき。
  • 不動産の個人間売買をしたいとき。
  • 建物を新築したので登記をしたいとき。
  • 住宅ローンで土地や建物を担保にお金を借りたとき。
  • 住宅ローンを完済し土地や建物についた担保を抹消するとき。
  • 離婚して、不動産名義を変えたいとき
  • 昔からの共有名義を解消したいとき。
                                   
なぜ登記をしなければならない?
  例えば
第三者への対抗要件となりますので、登記がない場合には所有物、債権者だということを主張しづらくなります。


不動産に関する所有権や抵当権などの民法上の権利を公示することで、その不動産の所有者は自分だと示したり、住宅ローンを貸し付けている金融機関が自らの権利を確保したりします。
公示の方法としては、登記所に記録するという手段がとられ、登記所においてその記録に関する証明書等を請求し、その証明書等によって記録の内容を確認することができます。

                                  

司法書士は、不動産取引が行われる場に立ち会います。取引対象の不動産の確認、取引の原因となる売買等の契約の確認、その不動産の所有者であることの確認などをしっかりと行い、正しい登記を行うことで、その不動産取引を安全に完成させる役割を担っています。




司法書士・行政書士山田康太法務事務所
 
営業時間 / 9:00~18:00 事前予約で土日祝、夜間も対応   
 
 0557-48-7370
初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。