相続・遺言

相続とは

死亡した者(被相続人)の財産上の権利義務を、遺族等(相続人)に包括的に継承させること。相続する場合、相続人は、現金、不動産、債権などのプラスの財産だけでなく、借入金などのマイナスの財産もすべて受け継ぐことが原則です。 
                   


遺言とは
生前に自分の財産の譲り先を書面で残しておくことをいいます。亡くなった人が、生前に「この土地はあなたに譲る」といっていたから、この土地は私のだと主張する方がいますが、一般的に口頭での主張は通りませんのでご注意ください。譲る人が自主的に遺言書を書いておくか、譲り受ける人が遺言書を書いてもらいたい旨をつたえておくとよいでしょう。
                   


このようなときは、ご相談ください。
  • 死亡した父名義の土地や建物、その他の財産があるが、手続をどうすればよいかわからない。
  • 自分が死んだ後に財産がどうなるのか心配。
  • 夫婦には子供がいないので、死亡した時に備えて遺言書を作成したい。
  • 財産を残したい人がいる、または財産をあげたくない人がいる。
  • 元気な間に公正証書で遺言書を作成しておきたい。
  • 揉めないように遺言書を書いておきたい。
  • 遺産分割ってどうしたらいいのかわからない、遺産分割協議書を作りたい。
  • 相続人がどこにいるのか分からない。


相続人
第一順位
 亡くなった人の配偶者(夫・妻)及び子供
  配偶者:2分の1
  子供 :2分の1
第二順位
 亡くなった人の配偶者(夫・妻)及び直系尊属(お父さん・お母さん)
  配偶者 :3分の2
  直系尊属:3分の1
第三順位
 亡くなった人の配偶者(夫・妻)及び亡くなった人の兄弟姉妹
  配偶者 :4分の3
  兄弟姉妹:4分の1



亡くなった人の家族形態によって相続人は異なります。
第二順位は、亡くなった方に子供がいない場合は、配偶者と両親が相続人だということです。
第三順位は、亡くなった人に子供がおらず、両親もなくなっている場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人だということです。
※第二順位、第三順位の相続が発生した場合はまとまらないことが多いです。
   
 例えば、
亡くなった人が夫の場合で考えてみると、夫の財産は配偶者及び両親あるいは兄弟姉妹と取得割合を話し合うことになります。妻は当然全てが自分のものになると考えがちですが、法律上はそのように規定されていません。要するに夫の両親あるいは兄弟にいくらかの財産を請求されれば基本的には財産を分けなければいけません。
   
両親あるいは兄弟姉妹側としては、
夫が働いて築き上げた財産(自宅、預金)を一旦は妻が取得することでもよいかと思われますが、その妻が亡くなった場合に妻側の両親あるいは兄弟、甥姪が最終的に取得することになってしまうわけで、夫側の両親あるいは兄弟としては「最終的にあまり関りがない人に、自分の息子あるいは自分の兄弟の財産がいってしまうくらいならこちらに分けてもらいたい」という心理的要因が働くわけです。

上記のような内容から子供がいないご夫婦は早急に遺言書を作成することが好ましいと思われます。
                                 

遺産分割
相続人同士での遺産の取得先を話し合う(協議すること)を指します。
その話し合いの内容の書面を
遺産分割協議書といいます。



相続の流れ


 相続人及び遺産の調査
  • 相続人は戸籍を収集します。(当事務所でも取得することができます。)
  • 遺産については、預金であれば預金通帳の写し、金融機関の残高証明書、不動産であれば納税通知書等で確認します。
 相続人及び遺産の確定
  • 上記の収集した書類から相続人及び遺産を確定させます。
 遺産分割協議への調印
  • 相続人同士で亡くなった人(被相続人)の財産の取得について話し合いをして、作成した遺産分割協議書に調印していただきます。
 相続登記の申請
  • 相続登記を申請します。(不動産がない場合は登記の必要はありません。)

                                     

司法書士・行政書士山田康太法務事務所
 
営業時間 / 9:00~18:00 事前予約で土日祝、夜間も対応   
 
 0557-48-7370
初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。